UNDMESS

この世界はありとあらゆる文化が混ざり合っている。現代ではその文化が瞬く間に変化を続けている。その一方で、土着の文化を代々受け継いでいる世界もある。また、人の数だけ生活のスタイルがある中で、過ぎ去るように移りゆく日々もあれば、時の流れが止まりかけた自由闊達な日々もある。

そんな時、ふと立ち止まって周りを見渡せば、人々が創りあげた珍奇な建物、文明の残骸、近未来への欲望など現実離れした世界が時々目に飛び込んでくる。子供の頃、宇宙にはどんな世界が広がっているのか、遥か昔はどんな世界だったのかと、誰でも一度は考えたことではないだろうか。

歳を重ねるにつれて阿呆らしく感じてくるが、そんなふとした瞬間に見てきた世界をどれだけ時が経っても忘れずにいることだってある。ある意味、未完成(UNDONE)な世界に思いを馳せたり、乱雑(MESS)なカケラを集めて自分の世界を作りあげたりしていた頃もあっただろう。あるいは、これから先に誰も見たことがない、ごちゃごちゃした面白いモノが待っているかもしれない。この行動の可能性もまた、僅かな好奇心から始まる。

その根底に隠れている純粋な好奇心が、ごく稀に世界中を席巻してしまうほどのムーヴメントを起こしてしまうものである。例え少しでも自分を突き動かす好奇心が残っているものならば、ずっと心の奥に抱えながら決して忘れることなく生きていきたいものである。

ABOUT

profile

高橋 良斗

(Yoshito Takahashi)

独学で写真を学ぶ。
2019年より、珍奇な場所や謎めいた場所を、一人で旅をしながら撮影開始。