2020.02.06 -DIARY

僕流、神保町の歩き方

今となれば、神保町は馴染みの場所にまでなった。とにかく何度訪れたか分からないです。それだけ訪れていると、いつものルーティーンみたいなものが出来上がってくるものです。

まず、初っ端から少し面倒ですが、僕は神田駅北口から徒歩で神保町へ向かいます。これはもうマップを見ないでも行けるようになりました。

そこから、路地にある「羊頭書房」さんに入ります。ここにはSF小説が豊富に並んでおり、毎度訪れています。如何せん安いのでね。

そこからす、ずらん通りにある「magnif」さんという一際小洒落た書店に入ります。ここでは毎度広告批評を漁っています。この2店舗から神保町巡りはスタートしていきます。

そこからは外に放り出されている100円コーナーの本を見たり、店内で気になる本があれば値段を必ず確認して購入します。かれこれ2時間。歴史の本やオカルトの本、グラフィック雑誌やカルチャー雑誌など、幅広く店内を見回していきます。

一通り歩き回って、お金に余裕がある日は喫茶店、めちゃくちゃ抑えたいならベローチェに入店します。今回は喫茶店パターン。

古書街とは都道302号線を挟んで反対側にある「カフェ トロワバグ」さんか「壹眞珈琲店」さんのどちらかに入店します。この2店舗が僕にとって本を読む最高のスペースとなります。ここでブレンド珈琲を注文し、1杯で長時間滞在するのが通例。それでまた神田駅またはその先の秋葉原駅まで街歩きしながら向かっています。

ソラハピ TAKIBI 海外旅行 ハッピーメール

PAGE TOP