2020.09.01 -ESSAY

それでも雨を嫌いになれない

朝から雨が降るとメランコリーな気分になるが、静かな早朝に聞こえてくる心地よい雨音だけはどうも嫌いになれない。

最寄りの駅まで傘をさして行ったり、滑らないように階段を降りたり、はたまたその日の予定そのものが無くなったりと、これまでの人生で雨というものだけは日々迷惑をかけられてきた気がする。

憂鬱な気持ちにさせられて腹立たしかったこともあった。「よりによって何で今日降るかな。」なんて思った日は無数にあるような気がする。それと同時に、記憶には一切残らないほど日常のワンシーン程度で感じていることだ。

そして、これから先の人生でも、きっとそんなどうしようもないことを感じていくのだろう。端的に、地球上で人間らしい生活を送るということは、この思い過ごしの繰り返しでしかないのかもしれないから。

ただ、人間というのはホントに自分にとって都合よく考えるものだ。時には雨が降ってくれたお陰で、面倒なお誘いを「雨が降ったきたから」という単純明快な理由で断ることもあった。

いいことなのか悪いことなのか、何とも微妙な加減ではある。しかし、いつも雨を毛嫌いしている手前、都合よく雨を利用する自分が愚かで醜い存在に思えてくる。

本当は雨が綺麗に踊らなければいけないものなのに、いつも踊らされているのはこの僕なのかもしれない。本当は雨を上手く活用しなくてはいけないはずなのに。

他の方々が雨についてどんなことを思っているか見当もつかないが、そもそも雨には感謝しなければならないものである。

雨がなければ農作物は育たないし、雨がなければ生活に必要な水を確保することが出来ない場合もある。言わずもがな、人間は水分が無ければ生存することは不可能で、「恵みの雨」とは正にこのことである。それほど適度な雨というものは、人間が生活していく上で絶対に欠かせないものだ。

テレビのお天気お姉さんも「パッとしないお天気になるでしょう。」と少し濁した言い方をなされている。雨が降ることで傘の売り上げが増すコンビニ、雨宿りがてらに入店したお客さんでいっぱいになる喫茶店、普段徒歩や自転車で移動する人々が流れて乗車率が増す交通機関など、雨が降っても潤っていく業界はある。

つまるところ、全員が全員雨を嫌っている訳ではないということである。当然と言えば当然のことである。

とはいえ、最近では雨が降ろうと晴天になろうと、お家で過ごす事がほとんど。だから、雨音の気配すら感じなくなってしまった。

代わりに聞こえてくるのは「どうせ出かける用事なんてないし、雨が降ったって関係ないや」という無表情な心の声。どこか寂しくもあり、でもそんなことすらどうでもいいくらいフワフワとした時間が流れ、気がつくと9月に入ってしまった。

雨に対して嫌悪感すらも抱くことがなくなってしまうほど、今は目の前のことに集中している。自分でも分かる。それこそ、将来設計という全く当てにならない設計図ですら、台風によって吹き飛ばされたかのようである。

だからこそ、余計に目の前のことが大切で、いつかの知り合いが以前に自己啓発的なモノに浸っていたような暇な時間は一切ない。自己啓発も所詮は他人の意見でしかないし、雨の一粒みたいにキリがないものである。

そんなことより、目の前のことに一喜一憂していいかもなと最近思う。勿論、自分の意見やベースみたいなものは、これまで通り胸に秘めておく程度のことが前提としてある。でも、結局のところ、山麓を流れる雨水のように成り行きでしかないのである。

これまでを振り返ると、ふとした瞬間に共通点のようなものに気づいてしまい、気持ちが晴れたり曇ったりとそんな程度だと思う。

あるいは、人間なんて節操がない生き物だから、何年後かにはまた考え方も変わっていることだろう。

今のイマでこの先も生きていくことなんて、若返りを生き甲斐としている方を除けばないのだから考えすぎも良くない。寧ろ、「今感じたことはもっと大切にするべきなのでは。」と感じている。

以前のように雨に踊らされるわけでもなく、現在のように雨ですらどうでもいいということでもない。雨の日でもそれなりに楽しめる何かがあり、それをこしらえたい。そこでまた、何か面白いことを感じるだろう。

そんな感覚が「戻り梅雨」のように、再び僕の水溜まりを満たしてくれればいいとさえ思う。

こんなくだらないことを書いている中、テレビから台風が上陸するとか何とか、部屋の静寂を彩ってくれた。

ソラハピ TAKIBI 海外旅行 ハッピーメール

PAGE TOP