2020.12.01 -ESSAY

那須で出会ったあのおじさん今頃何してるんだろう

学生の頃に車で那須へと向かった時、休憩がてらどこかのお店に入った。一人のおじさんが切り盛りしているであろうお店で、軽くコーヒーも出している。美味かろうが不味かろうが、僕にはどうでもよかった。

端の方にはチープな椅子に、昔の洋食屋さんにありそうなテーブルクロスを纏ったテーブルがポツンと佇んでいる。そこに腰をかけると、おじさんが徐にコーヒーを持ってきた。開口一番、「学生さん?一人で来たの?」と僕に尋ねてきた。

正直、こういうお店に一人でいるときは、あまり喋りたくない性分だ。マスターと話したい時は自分から話したいものである。そんなことを考える隙もなく、気さくな感じで話しかけてきた。

「大学生です。誘う友人もいないので一人で来ました。」と答えると、「もっと親に感謝しなさいよ。」と言ってきた。

大きなお世話とはこのことかと少し腹が立つも、「そうですね。ありがとうございます。」と返して、おじさんは定位置に戻っていった。

まず、会って数分の人間に対して、恰も僕がそうじゃない言い回しをすることが考えられなかった。感謝は自分で決めればいいし、それをわざわざ公にする必要もないと思う。

だから、「もっと感謝しなさいよ。」と見ず知らずの人に言うってことは、相当自分を棚に上げないと発言できない。でも、おじさんがマダムの集団や夫婦のお客さんと会話をする時には、まるで態度が違う。

大学生に何か恨みでもあるのかと懐疑心に苛まれた。一切心当たりがないが、何故か僕だけ明らかに態度が違う。軽くコーヒーを飲んで目的地に向かおうと思っていたから、別にどうでもいいやと思った。それでも一切腑に落ちなかった。

しばらく会話を聞いていると、「若い人はそうだよね。」とか「お年寄りはそうだよね。」など、世代区別みたいな話しかしないのである。なるほど、そういうことか。

全然落ち着かない気持ちが、早く車に戻ろうという気持ちへと変わった。そそくさとコーヒーを飲み干しレジを打っている時に、何か一言置き土産でも置いていこうかと思ったが、それはやめておいた。

こんな年齢になってもデリカシーがない人間っているものか。単純に年齢が二回り以上も違うから、上からモノを言いたくなる気持ちも分からなくない。でも、会って数分の見ず知らずの人に、いきなりその態度はあまりにも失礼だ。

こんなおっさんにはなりたくないと、凍える風の中肩をすくめながら足早に車へと戻った。

お店の中ではそこまで気に留めていなかったが、運転してしばらくすると段々腹が立ってきた。見ず知らずのおっさんに何であんなことを言われなければならないのか。

その瞬間、反面教師という言葉の意味を少し理解できるようになった。それと同時に、人との距離感を感じ取れるように心がけようと初めて思った。

ソラハピ TAKIBI 海外旅行 ハッピーメール

PAGE TOP